SSブログ

やるね鈴木さん [モータースポーツ]

今年の moto GP も2戦を残すのみとなりましたが、序盤で勢いがあった YAMAHA は失速気味。そして絶好調なのが SUZUKI 勢。なにしろ獲得ポイント 162P で年間チャンピオン争いのトップに立っているのが SUZUKI の「海琉ミルなのですから。
直近3戦の SUZUKI ライダーの成績。ワン・スリー、ツー・スリー、ワン・ツーだったのです。
8日の13戦ヨーロッパGP
1.jpg
右から2位 SUZUKI「42 凜州リンス
PP スタート3位 KTM 「44 恵寿張我路エスパルガロ
4位 HONDA「30 中上ナカガミ そして、優勝 SUZUKI「36 海琉ミル


1.jpg
次戦で表彰台(3位以内)に上がればチャンピオン決定なのですが、まだ2戦が残っているのでどんてん返しがあるかもしれませんが、シーズン開幕前に誰が SUZUKI ライダー20年振りのチャンピオン獲得の可能性を予想し得ただろうか?
実は、海琉選手はポイント・リーダーではあるもののこれまで一度も優勝した経験がなかったので、チャンピオンの資格あるの?との陰口もあったでしょう。もちろん制度上の問題はなかったと言え、今回の優勝で文句なしのチャンピオンになってもらいたいものです。
そして中上。4位に終わりましたが、最後までトップグループ4台と同じペースで周回を重ねていましたので、優勝できるだけの速さを獲得できていると考えても良いのではないか [パンチ]


NHK のいわゆる朝ドラはあまり観てなかったのですが、今の「エール」はスポーツ・クラブへ行く前の暇つぶしに観ております。
そこで9日・月曜日のエール。娘が看護学校に通っていて、確かに「看護師を目指す」と言ったように聞こえたので、そりゃないだろつと思って昼の再放送で確認してみたら「看護◯」と、「し」と言っているのか「ふ」と言っているのか曖昧な発音だったのですが、NHK らしい男女同権主義者への忖度だったのか?
私は看護師とは絶対に言いません。入院している時も「看護婦さん」と言っていたのですが、
彼女達はどう思っているのでしょうか?もし不愉快であったのなら反省するの次第です。
看護師では単に技能職として呼んでいるようにしか感じられず、血の通った人間味が感じられないのです。
ところで淺卑新聞などは盛んに「慰安婦」などと報道していますが「慰安師」と呼ぶべきでは。
しかしそれでは実態のイメージがわかないし、男かもしれない [ふらふら]
過去の称呼なら変える必要はないが、現在の職業なら不適切とでも?
それでは、創価学会には婦人部があるのですが、女性部にしなくて良いのかしら?
婦人警官はダメで婦人部は問題ないとのご都合主義か。
この創価学会婦人部。政権与党として自民党と連立を組んでいる公明党の足を引っ張って、日本の安全保障を危うくし、日本人の生命財産を危うくしているバカ女ども(失礼)である。

近頃、入試願書や就職のための履歴書から性別欄を省略する動きが広まっていていると言うが、良いではないか、日本人から性別がなくなれば「会社の女性役員を30%以上にしろ」などと言った議論もなくなるだろうよ。

話は変わって「サルの研究で世界的に有名な京都大学の霊長類研究所の松沢哲郎特別教授ら4人が5億円余りの研究費を不正に支出していた」との報道がありましたが、案の定松沢特別教授は 日本学術会議 の会員でした。

菅総理、野党から任命責任を追及される恐れがありますので、お気を付け下さい。
nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 17

コメント 5

oldfogy

FDさんの「看護婦物語」を読んだ後笑ってしまう事がありました。

録画しておいた「荒野の決闘」を観たのですが、撃たれたドク・ホリデイ(ヴィクター・マチュア)の恋人チワワ(リンダ・ダーネル)の手術時、ワイアット・アープ(ヘンリー・フォンダ)がボストンからドクを追いかけて来たクレメンタインを「彼女は看護師だから呼んで来い」と字幕にでます。ここは矢張り「看護婦」でないとおかしいでしょう。

また、前にも外国映画の邦題がつまらないと書いたことがありました。荒野の決闘の原題は"オーマイダーリン、オーマイ・ダーリン"で有名なMy darling Clementine。本当にあった「ガン・ファイト・アット・OK コラル」を題材にしたジョン・フォンフォードの傑作西部劇の1つと言われるこの映画は「静かな西部劇」と呼ばれています。古い白黒映画で紙芝居の絵が動いているようと言えば大監督に失礼ですが最近のCGやCFXより何百倍も詩情溢れていて大好きです。トゥーム・ストーンの町をモニュメント・バレーの側に再現し撮影されました。荒野の決闘ではジョン・フォードの思いいれと全く異なってしまいます。ヴィクター・マチュアは歴史物に良く出演した俳優さんで好きな男優の一人でした。はすっぱな酒場女チワワと清純そのもののクレメンタインの対比も見事です。

後に公開され人気を博した「OK牧場の決闘」より何倍も好きな映画です。

https://career-fun.com/kango/kangoshi-kangofu/
by oldfogy (2020-11-13 12:03) 

FD

言葉狩り。看護婦でも別に構わないと思っている1万人の「物言わぬ多数派」
の声よりも1人の noisy minority の声が大きく聞こえてしまう今の社会。
先日は「アツギ」のタイツのCMが SNS 上で叩かれて炎上し、謝罪と
削除を強いられました。「アツギのタイツは買わない」「性的消費」
などの書き込みに慌てた結果でしょうが、始めたのなら最後までやり抜け!
どうせ noisy minority が騒いでいるだけだし、購買層でもないだろう。

外国映画の邦題。説明的な言葉が付け加えられたり、「007 危機一発(髪)」
になってしまった 「From Russia With Love」。勇ましい題名でないと
鑑賞層と考えた男性客を呼べないと思ったのかも。
「荒野の決闘」も味気ない邦題ですね。
私が一番好きなシーンは、新しく建てる教会を祝っての野外でのダンス大会。
クレメンタインはアープに踊って欲しいのに、アープは躊躇するばかり。
シビレを切らしたクレメンタインが音楽に合わせてアープを横目で見ながら
手拍子を打つと、やっとのこと「踊って下さい」と切り出すのです。
そして「サンキュー」とにこやかに応じるクレメンタイン。
リンダ・ダーネルのメキシコ系色気も魅力がありますが。

邦題で一番腹が立つのが スティーヴン・セガール主演だと全ての邦題に
「沈黙」が付くこと。それだけで観る気がしません。

by FD (2020-11-14 17:00) 

Gen.Lee

かつて物書きの親父が、文章のなかに
差別的表現があると批判され断筆していましたが
文章のなかの言葉尻をとらえて批判、そりゃあ
怒ります、木を見て森をみないの類ですね。
盲侠、座頭市でもありました、盲縞がいけないとか
視覚障害者縞の着物、勝新言うに、これじゃあ
座頭市にならない、然り。
映画の題名も、ひどいものですね、はなはだしきは
原題そのもの、TOP GUNをなんとします
私ならばF16精鋭戦闘団かな。
駅馬車の原題はbilly the kidだったような。
ramboもlast bloodせめて最後の血戦くらいに
してほしい。



by Gen.Lee (2020-11-15 08:15) 

oldfogy

「史上最多の作戦」も陳腐としか言いようがなく例を挙げればキリがありません。原題の「ザ・ロンゲスト・デイ」は色々考えさせてくれます。大根と言われ続けたショーン・コネリーさんが演じて秀逸な役なら何と言ってもアンタッチャブルズの老警官と私は思います。確かアカデミー助演賞に輝いたかな?

ところで、今月号の文春は読み応えがあります。私が尊敬する藤原正彦さんが「亡国の改革至上主義」でパソナ会長を「学者でも政治家でも実業家でもない疑惑の人物」とぶった斬ってくれました。日本の生産性は先進国の中でダントツに低くそれを上げなければならないとは良く聞いたり読んだりします。優れた「数学者」である藤原氏が生産性とはGDPを労働者数で割っただけ。失業者が(外国のように)増えれば生産性は上がると書かれているのは目から鱗でした。次の「権力論」は佐藤優氏筆が「学術会議」問題を解説。共産党への内部情報漏洩が問題を解決不能としていると分かり易い。その他の記事も秀逸です。
by oldfogy (2020-11-16 20:42) 

FD

洋画の邦題。原題は情緒的な題名になっているのに、日本で邦題にする時には
機能的・説明的な題名になってしまうようです。
日本には和歌や俳句などがありますので、本来は逆になりそうですが、
例えば「愛しのクレメンタイン」では恋愛映画のようで西部劇と思って
くれない。そこで「荒野の決闘」としてやれば西部劇ファンが来てくれる。
一方の米国ではジョン・フォード監督の映画なら「愛しの・・・」でも
西部劇であると理解してもらえる。
日本では映画の内容についての情報が少ないので、自ずと説明的な
邦題にしてしまうのではないでしょうか?

藤原正彦さん、新田次郎さんのお子さんですよね。
週刊新潮に面白いコラムを書いておられましたが、筆者が替わって
面白くなくなりました。

by FD (2020-11-18 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。